<< 第13回企画展 地面のしたのちからもち〜土の中のちっちゃなモンスターたち 中津川市鉱物博物館 | main | 第2回企画展 不思議な石!?〜益富壽之助と奇石の世界 中津川市鉱物博物館 >>

第14回企画展 あかい鉱物あかい石-鉱物の色のふしぎ- 中津川市鉱物博物館

 鉱物が赤く見える原因にはどのようなものがあるのか。そもそも色とはなんなのか。色を調べることでどんなことがわかるのか。
 そのあたりを追求した薄い一冊。

 企画展自体は鉱物展示の印象が強かったのだけど、冊子の内容は科学的な説明が強くて、鉱物標本の写真は小さめ。それぞれの発色原因の例として取り上げられている。
 自色と他色、カラーセンター、条痕色などの単語を覚えておくといいだろう(役に立つ機会が多いかはともかく)。

 赤色が題材なので、三値の鉄が主力になってそこら中に顔をだしている。そんな中、ピンク水晶の発色原因とされるデュモルチ石が異彩を放っていた。
 どうやらルチル説は追いやられてデュモルチ石で固まってきたようだな。

 個人的な趣味では青色でもやってほしい。黄色や緑も綺麗である。紫は数を揃えるのが大変そうだ。色だけでもネタは尽きない。

鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:07 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2232
トラックバック