<< 新版 色の名前507 福田邦夫 | main | 美濃飛騨の歴史がおもしろい 小川敏雄 >>

ナショナルジオグラフィック世界の国 ニュージーランド バーバラ・ジャクソン

 やっぱりイギリス人。ワイタンギ条約の英語とマオリ語で内容が違っている手口の汚さにイギリス伝統のものを感じた。先祖のやったことを清算するのに何百年かかるんだろうなぁ。
 マオリ人の場合は戦争のあと、権利を認められて比較的いい状態にあるみたいだが、それでも奪われた土地の返還運動などがある模様。あと、年表をみるとゴールドラッシュでやってきたと思われる中国人への扱いも酷い。市民権停止されたあと、ちゃんと回復されたんだよな?心配になってしまう。

 まぁ、基本的にはとてもいい国みたいで、豊かで独特の自然をもち、世界の端にあることから積極的な革新を続けている。
 第一次世界大戦で6万人を失って、それが兵役人口の4分の1であることには驚いた。第二次世界大戦といい、遠い場所に派兵できる意識がちょっと理解できないところがある。
 いまはイギリスとの経済的繋がりが薄れているから、考えが違っているかもしれない。主要貿易相手国の4位までにイギリスが入ってこないのだ。

ニュージーランド (ナショナルジオグラフィック世界の国)
ニュージーランド (ナショナルジオグラフィック世界の国)
カテゴリ:雑学 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 15:18 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2304
トラックバック