<< 古代ユダヤ戦争史 モルデハイ・ギホン&ハイム・ヘルツォーグ/池田裕 訳 | main | ファントマは哭く 林譲治 >>

戦国の軍隊〜現代軍事学から見た戦国大名の軍勢 西股総生

 後北条氏を例に戦国時代の軍隊の実像を描き出すことを試みた一冊。小さな字で書かれた副題が目に入らなかったので、もっと体系化されたものを説明する内容になっているものと思ったが、通説に対して自説を主張していく形になっている。

 著者の考えによれば、兵農分離もなにも、最初から農民が軍にちょくせつ徴用されることは特別だったし、騎兵突撃が行われることも時にはあった。当時の兵站能力は限定的(略奪を併用しなければ不十分)である。鉄砲は東国でも十分に流通していて――東北については言及がない。念のため――織豊大名が最終的勝者になったのは絶え間ない多正面戦争で鍛え上げられていたためだ。
 とは言っても周囲を軒並み敵に回すだけなら武田氏も上杉氏も相当なものだ。ヒドラ状態を保証する経済力と、主力を適切な相手に振り向ける信長の判断力と、そして何よりも運があってこその天下統一と思われる。著者もそう言っている。

 目から鱗の内容をねらっているのは分かったのだが、説得力をもたそうとするあまりに冗長に感じられる場合があった。これまでの議論にこなれた読者を想定しているようで、タイトルから入門用と考えるには難しいものがある。
 ただし、著者の戦国時代観を知るには、この一冊がベストだろうな。

 太田道灌と死闘をくりひろげた長尾景春が評価されていて、彼がおこなった軍事行動が図入りで紹介されている。
 長篠の合戦に関する解釈も斬新で興味深かった。長篠の合戦の戦況図を10枚はスクラップしているが、新しいものを加えることができた。
 著者の解釈通りなら大久保兄弟は信長嫌いになるだろうな……まぁ、三河武士は一般に「うちの殿がいちばん!」だからな。

関連書評
土の城指南 西股総生
戦略戦術兵器事典6〜日本城郭編 [歴史群像]グラフィックスシリーズ
戦国の堅城〜築城から読み解く戦略と戦術

戦国の軍隊―現代軍事学から見た戦国大名の軍勢
戦国の軍隊―現代軍事学から見た戦国大名の軍勢
カテゴリ:歴史 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 19:23 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック