<< イスラーム歴史文化地図 マリーズ・ルースヴェン+アズィーム・ナンジー | main | 日本の籠城戦 双葉社スーパームック >>

足利義政と日野富子 田端泰子

 応仁の乱を乗り切った足利幕府の政権担当者たちの話。日野富子がかなり高く評価されていて、世評に反する感じになっている。
 だらしない旦那をなんとか支えて朝廷との間を取り持っていた様子だ。少なくとも公家からの受けはよかったらしい。
 後花園天皇にも批判された足利義政の建築道楽にたいして著者が怒りを表明していて驚いた。学術的な本でも言われるほどの足利義政……本当に酷い奴だ。人の心がなかったのだろう。

 カオスな応仁の乱については、畠山家の内紛が原因であり、もうちょっと掘れば畠山家を弱体化させるためにあえて畠山政長を支援した細川勝元の振る舞いが指摘されている。
 それで政長を支援できなくなると、周囲からの批判に晒されるのだから、政治的な火遊びは恐ろしい。
 戦いの描写そのものはあっさりしていて、地図による京都の消失範囲で戦闘の激しさを確認できる感じだ。まったくしっちゃかめっちゃかにしてくれたものだ……。

 前段となる「万人恐怖」足利義教についての記述も多くて、行動の意味が分からないことが処刑が厳しい以上に、憎悪を巻き起こすことが良く分かった。彼の内部だけでは理屈が通っていたのだろうか……。

関連書評
戦国合戦史事典〜存亡を懸けた864の戦い 小和田泰経
戦国大名勢力変遷地図 外川淳

足利義政と日野富子―夫婦で担った室町将軍家 (日本史リブレット人)
足利義政と日野富子―夫婦で担った室町将軍家 (日本史リブレット人)
カテゴリ:歴史 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 16:54 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2357
トラックバック