<< 足利義政と日野富子 田端泰子 | main | 地図で読む「古事記」「日本書紀」 武光誠 >>

日本の籠城戦 双葉社スーパームック

 双葉社のCG戦国時代シリーズ。野戦では配置できるオブジェクト数の問題か、がっかり感あふれるシリーズであるが、戦闘空間が限定される籠城戦では良い感じである。
 攻城兵器の再現は特に気が利いていて「ついに時代がクレヨンしんちゃんに追いついたか!」と興奮してしまった。
 ただし島原の乱の原城はCGを乗せる写真に現在の建物が残ったままなんじゃーい!そこはちゃんと修正を掛けてくれないと……。

 女性が戦った攻城戦が最初に紹介されていて、すべてが時系列通りになっていないことが非常に残念。女性の籠城戦を紹介するなら、会津若松(鶴ヶ)城もとりあげてほしかったかな。
 あと、北九州のスーパーババア。
 忍城の甲斐姫は鉄板だな。織田家に関係する女性は籠城戦に巻き込まれる属性でもあるのだろうか。次女も大津城で三度目を経験していたことを気づかされた。

 日本の籠城戦に特化しているため、少数ながら目新しい籠城戦が紹介されている点もよかった。
 前九年の役の厨川柵や南北朝時代の船上山など、古いものも取り上げられている。やっぱり楠正成と羽柴秀吉が対照的な立場から大活躍している。
 ふたりの時代を超えた対決が見たくなってしまった。たぶん、基盤が違いすぎて成立しないな……。

関連書評
日本の籠城戦 双葉社:感想1回目。自分のブログを検索するまで再読だと気付かなかった……
陥落 攻城戦 田村二郎/野田克哉/木村知音

日本の籠城戦 (双葉社スーパームック)
日本の籠城戦 (双葉社スーパームック)
カテゴリ:歴史 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:38 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック