<< 前期古墳解明への道標〜紫金山古墳 阪口英毅 | main | 伊勢神宮に仕える皇女〜斎宮跡 駒田利治 >>

ヤマト政権の一大勢力〜佐紀古墳群 今尾文昭

 宮内庁の分厚い壁を突破するもの、それは盗掘!盗掘のために出土品が判明し、それを戻す作業に関連して埋葬施設が確認されているという皮肉な経歴を持つ佐紀御陵山古墳をふくむ佐紀古墳群の案内。
 西群に分類されるお隣の佐紀石塚山古墳も江戸時代に盗掘をうけていて、犯人は死罪磔になっている……盗掘は非常に許しがたい行為だが、処置の激しさなどもあって複雑な気分にさせられる。

 陵墓や陵墓参考地が厳重に保護されている一方で、指定をうけていない培塚が徹底的に削平されて影も形もなくなっている事実も極端で印象的だ。基本的に古墳の密度が高すぎるのであろう。
 東群の大型前方後円墳であるウワナベ古墳の東側外堤がバイパス建設に変えられてしまっている事実も強烈だ(陵墓参考地範囲外だったとはいえ)。
 宮内庁の厳重な規制が解除されて考古学者たちが「宮内庁のおかげで貴重な遺跡・埋葬品が保護された」と感謝する時代がくることを願ってやまない。
 間違っても盗掘事件などでなし崩し的に調査がおこなわれないように……。五社神古墳への立ち入り調査がその端緒になりますように。著者のこの日を一生忘れないという記述に共感した。

 出てくる古墳が大量なのでページの大半は概略説明に供されていて、考察は最後の数ページのみ。佐紀古墳群は古市・百舌鳥古墳群の超大型前方後円墳と平行して奈良北部に大王の下の王(とは直接言っていないが)ともいえる有力者がいたことを物語るとのこと。
 大王としては、地元がそういう構造の方が「小さな皇帝」気分を味わいやすかったかもしれない。

関連書評
よみがえる大王墓〜今城塚古墳 森田克行
大和葛城の大古墳群〜馬見古墳群 河上邦彦
東国大豪族の威勢〜大室古墳群[群馬] 前原豊

新泉社 遺跡を学ぶシリーズ感想記事一覧

ヤマト政権の一大勢力・佐紀古墳群 (シリーズ「遺跡を学ぶ」093)
ヤマト政権の一大勢力・佐紀古墳群 (シリーズ「遺跡を学ぶ」093)
カテゴリ:歴史 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:42 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2393
トラックバック