<< 眩関ヶ原2〜生死の関頭 吉本健二 | main | 眩関ヶ原4〜死闘、親子鷹 吉本健二 >>

眩関ヶ原3〜魔王の城 吉本健二

 どんどん減っていく東西両軍の兵力。東西の形もなしていないが、関ヶ原の戦いから規模がダウンしていくのは否めない。連戦を続けていれば当然だ。大坂城があんなことになってしまって秀吉軍の補給はもつのであろうか。
 サイズダウンしたから楽になっているのかなぁ……佐和山城は健在なのでしばらくは持つかもしれない。

 信長は身内にもやたらと厳しい破戒者として描かれていて、いくらなんでもキャラクター付けが極端だと思った。本当は身内にはかなり甘いはず。
 秀信と信雄を殺した上で、復活した二人の息子も見捨ててしまって、どうするんだか。姪である淀殿も殺して、その子秀頼にも殺意を燃やしている。まるで織田家と心中することが信長の宿願みたいだ。
 滅びの美学?

 立花宗茂が秀吉のわがままを解決するドラえもんになっているのは笑った。ユッキーの大坂城での活躍はいつも通りというか何というか。赤備えは復活した本家さんに怒られないかなぁ。

吉本健二作品感想記事一覧

眩 関ヶ原〈3〉魔王の城 (歴史群像新書)
眩 関ヶ原〈3〉魔王の城 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:07 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2418
トラックバック