<< 眩関ヶ原4〜死闘、親子鷹 吉本健二 | main | ナショジオが行ってみた究極の洞窟 >>

眩関ヶ原5〜天下分け目 吉本健二

 大権現ィェ……ャスヤァ。
 信長に顎で使われ、ふたたび関ヶ原に侵入すれば秀吉の待ち伏せを受け、逃げ回っては真田ユッキーに追いかけ回されて討ち取られる。哀れな天下人の末路であった。
 自分の頭の中ではほとんどギャグ漫画の逃げ方になっていた。あるいは赤壁後の横山三国志ソウソウかな。
 復活将にボコボコにやられて、非実在ネームの真田にトドメを刺される。歴史シミュレーションでの家康をまとめたようなやられぶりだ。可哀想に。
 徳川の言い分もそれなりに描かれていて、本田正信がユッキー相手に大声で主張したときは彼を犠牲に家康が生き残る可能性を垣間見たのだが、やっぱりダメだったよ……。
 まぁ、生き残っても名だたる人材が軒並みやられているからなぁ。最後はどうしても結城秀康に跡を継がせることになるし、どうしようもない。

 秀吉はラスボスの所行を完全に忘れたかのような大活躍だったが、大事なシーンで失ったはずの右腕が描かれているのにはずっこけた。イラストレーターが忘れている……。
 表紙のとぼけた伊達政宗の顔には笑ってしまう。秀吉と政宗という関係もあってか、大河ドラマの影響があるなぁ。
 そういえば最上が秀吉の味方についていた。なりゆきはあるにしても、完全な仇である秀吉に屈するとは残念な。

 復活将の焦りもあって、連戦に次ぐ連戦で疾走感はある反面、疲れるのも否めない作品だった。まぁ、終わり方は綺麗だったし、いい作品なんじゃないかなぁ。秀頼の心の傷が深いことが想像できるので天下をごっちゃんしたことに比較的に納得できるのは珍しい。

吉本健二作品感想記事一覧
眩関ヶ原4〜死闘、親子鷹

眩 関ヶ原〈5〉天下分け目 (歴史群像新書)
眩 関ヶ原〈5〉天下分け目 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:45 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2420
トラックバック