<< 星降る絶景〜一度は見てみたい至極の星景色 沼澤茂美 | main | 塩野七生「ローマ人の物語」スペシャル・ガイドブック 新潮社編 >>

コロンビア・ゼロ〜新・航空宇宙軍史 谷甲州

 第一次外惑星動乱から40年、航空宇宙軍史の新刊が出てから22年。非常に長い時間を経て、ハードSFの宇宙が帰ってきた。
 今回の舞台は第二次外惑星動乱……第一次外惑星動乱では早々に降伏したタイタンと前後方トロヤ群が主力になって演じられる真空を挟んだ戦闘である。懐かしの惑星配置図はないが、木星を矢尻、土星を矢羽根とした弓矢が地球を狙っていると考えれば位置関係は想像ができる。

 第一次外惑星動乱の展開からイタリア的存在だと思っていたタイタン軍に気合いが入りまくっていて意表を衝かれた。おそらく航空宇宙軍にも、どこかでタイタン軍をあなどる気持ちがあったのだろう。
 だが、タイタンが降伏しても木星に所属を変えて航空宇宙軍への抵抗を続けた仮装巡洋艦もいる。
 やはり甘くみてはいけない存在だったのだ。

 本書では戦争の間の小休止にすぎなかった平和な時代におこなわれていた外惑星での軍事技術開発が描かれる。襲撃艦ヴァルキリー、巡洋艦サラマンダー、ラザルス、人工知能のソクラテスなどの亡霊がつぎつぎと蘇り、航空宇宙軍に牙をむく(ソクラテスは航空宇宙軍側だった。人工知能シュルツ・ソクラテスと考えるべきか)。重要性では新開発度の高そうな重力波センサが最大かもしれないが。
 最終章で航空宇宙軍の軍港コロンビア・ゼロを攻撃した仮装巡洋艦を自分の中で「バジリスク供廚噺討咾燭なってしまったが、サラマンダーやヴァルキリーとの合成獣でもあるので「キマイラ」がふさわしい艦名かもしれない。
 下手をするとゾディアック級みたいなクラス名になりかねない空気すら感じる。40年前の主力艦の方は一気に4隻が葬られたが……。

 第一次外惑星動乱では失敗した奇襲の夢をふたたび追って今度は成功させるとは執念である。
 できれば軍令部も完全に破壊していて、未来が完全に予測不可能な展開にしてほしいけど、分散しているから難しいだろうなぁ。同時多発攻撃と言っても地球上や月の地下までは攻撃できない。
 またSGがブラックホール企業の社長みたいに暴れ回ることになるのか……予防戦争の噂もSGならやりかねないというよりも、第二次外惑星動乱の情報をもっているSGならやるに決まっていると確信しちゃうからなぁ。
 天王星系のエリヌスを謀略で占領して、むりやり汎銀河連合を早期に発見しようとする奴なのだから、タイムテーブルを有利に進めるためなら外惑星への先制攻撃も辞さない。実にダメな信頼感がある。エリヌスでの怪しすぎる行為がなければ、タイタンも危険な賭けに出てこなかったのではないか。
 しょうじき、仮装巡洋艦があらわれるまで、コロンビア・ゼロの悲劇は航空宇宙軍による自作自演の謀略ではないかと疑っていた。

 今回は兵器開発で航空宇宙軍が不利に立たされている模様。第一次外惑星動乱では外惑星連合側がけっこうグダグダだったけどね……臥薪嘗胆の言葉通りだな。
 ただロボット兵器の活用は最終的にはタナトス戦闘団ほど怖くない感じもする。まだまだタイムラグの問題を解決し切れていない。
 ギルガメッシュ要塞で出てきた兄弟は、兄がロボットで弟が生身というマヤの息子たちと同じ構図になるものと思っていた。残念な結果だわ。
 そしてマリサ・ロドリゲスはタナトス戦闘団のロッドの子孫である以上に、ヴァレリア・ファイルのレティの子孫か。あの二人が子孫を遺していたと感じて、心が温まった(氷原での心をコピーした心なき戦闘の方は寒いにも程があったけど)。

 今までの航空宇宙軍史を引き継ぎながら、最新の惑星探査の結果が取り入れられているところも楽しかった。そのせいで「メタンの大気を燃料にしていた」タイタンの戦闘機はゴニョゴニョ……な部分があると思われる。
 記憶力が怪しいので、これまでの作品をすべて読み返したくなってくる。

 最終的には金食い虫にしか見えなかった外宇宙探査の技術を航空宇宙軍が戦争用にスピンアウトして勝利すると予想。エリヌスはまたもや物資不足に苦しめられるのかな……。

谷甲州作品感想記事一覧

コロンビア・ゼロ: 新・航空宇宙軍史
コロンビア・ゼロ: 新・航空宇宙軍史
カテゴリ:SF | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:53 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2470
トラックバック