<< 八八艦隊海戦譜〜開戦編 横山信義 | main | 奈良時代MAP〜平城京編 新創社 編 >>

ここまでわかった!縄文人の植物利用 工藤雄一郎/国立歴史民俗博物館 編

 クリとウルシがどうしても印象に残る。縄文人が利用した植物の状況を紹介する本。まず、発表内容を整理した本文を2ページ記し、次の見開きでイラストや写真を掲載する形式になっている。
 まるで講義を聴くような感じで、縄文人の植物利用を学習することができた。

 クリとウルシについては、クリは実が食べられるだけではなく木材としても利用価値が高い、ウルシは樹液が利用できて木材にもなる(縄文人が利用したかは不明だが果実からロウもとれる)という一石二鳥以上の価値がある点があげられる。
 縄文人が栽培や管理をおこなったのも納得の樹種である。
 両方の資料がえられていて関東にある下宅部遺跡の情報は繰り返し出てきた。復元イラストに至ってはヘビーローテーション気味である。普通の本よりも発表資料集に近いからこそ、何度も出てくる。

 クリとウルシに挟まれたダイズとアズキの話も興味深く、縄文人が積極的に利用していたことが分かった。野生種はツル性だが、栽培種になると自立するようになる――生物としては自立しなくなるのに。
 ダイズの野生種分布で北朝鮮の部分のデータが完全に欠落している。妙なところで社会の歪みの悪影響をみた。彼らもまったく完全に情報を出さないわけではないが、どうも情報が少ない。研究の情報が出てくる体制になれば、伝来の研究が進展するかもしれない。

 最後は縄文時代晩期に到来した稲のトピックだった。自分が定説と考えていた陸稲が先に普及した説などに異論が唱えられていて興味深かった。
 あと、板付遺跡の復元イラストで人々の顔立ちが今までの復元イラストと全く違った彫りの浅いものになっていた。そんなところにも時代の変化を感じた。

関連書評
最古の農村〜板付遺跡 山崎純男
縄文の漆の里〜下宅部遺跡 千葉敏朗

ここまでわかった!  縄文人の植物利用 (歴博フォーラム)
ここまでわかった! 縄文人の植物利用 (歴博フォーラム)
カテゴリ:歴史 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2503
トラックバック