<< そだててあそぼう49〜ブタの絵本 よしもとただし・へん | main | そだててあそぼう79〜オリーブの絵本 たかぎまさと・へん >>

そだててあそぼう91〜赤米・黒米の絵本 いたにとみお・へん

 スギワカユウコ・え。正確ではないが古代米と呼ばれることもある赤米と黒米の育て方。基本的には一般的な米と代わりなくて、利用方法に特色が見られる。
 対馬赤米の赤いノギが綺麗だと思っていたら、観賞に利用されていた。米のドライフラワー!そういうのもあるのか。
 確かに水田は美しい景色を作り出すことがあるし、それが赤や紫だったりしたら……幻想的でいいな。青森県の有名な田んぼアートも紹介されていて、読者にも作ることを勧めていた。

 どんな利用方法でもいいから田んぼに米が育てられていてほしいという著者の願いが切実である。確かにコシヒカリが三割で、他の三割もコシヒカリが片親の状況が健全とは思えない。
 様々な利用方法で、米の多様性を維持していけたら、うれしいことだ。

 絵とセリフが微妙に狂気をはらんでいて戦慄させられた。カエルが(軍手を使えばいいのに)と考えていたりシュールでもある。だからこそ一部の子供には受けそうだ……。

関連書評
そだててあそぼう7〜ムギの絵本 よしだひさし・へん/めぐろみよ・え
弥生集落像の原点を見直す〜登呂遺跡 岡村渉
最古の農村〜板付遺跡 山崎純男

赤米・黒米の絵本 (そだててあそぼう)
赤米・黒米の絵本 (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:17 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2520
トラックバック