<< そだててあそぼう48〜アスパラガスの絵本 もときさとる・へん | main | ヴィジュアル史料日本職人史[]職人の誕生[古代・中世編] 遠藤元男 >>

そだててあそぼう53〜アワ・ヒエ・キビの絵本

 ふるさわふみお、おいかわかずや・へん。さわだとしき・え。

 タイトルでは三種類の穀物の名前があがっているけれど、モロコシの出番も多い。実質的には雑穀の絵本である。「雑穀などという穀物はない!」
 それぞれ専門的な一冊にしなかったことが、少し不思議だ。米などは古代米でもう一冊出しているのになぁ。
 疑似雑穀として名前のあがっているソバは別に絵本がでている。

 アワの原種がエノコログサだと知って、とても驚いた。イメージキャラクターにキツネがでているのは、尻尾が穂に似ていることが理由らしい。
 しかし、キビ団子のシーンまで犬の代わりにキツネが首を突っ込むのは……近縁種だからいいのか?

 雑穀は丈夫で病害虫に強い反面、種が落ちやすい弱点がある。
 栽培が始まる前は麦も種が落ちやすかったはずで、今でも種が落ちやすいのはそれだけ品種改良の強度が弱く、野性的な面を強く残していることを示すのか。
 ただし、アワの品種はやたらと多いらしい。地域性の高い作物でもあったのだ。

 味はいまいちなイメージのある雑穀たちだが、食べ方説明のところは本当に美味しそうだった。うるち性のアワやキビ、モロコシもあるらしいので、脱穀に手間は掛かるが手のかけ方しだいで美味しいに違いない。
 なお、ヒエにはうるち性のものが見つかっていないとのこと。

関連書評
そだててあそぼう91〜赤米・黒米の絵本 いたにとみお・へん
そだててあそぼう5〜トウモロコシの絵本
そだててあそぼう7〜ムギの絵本 よしだひさし・へん/めぐろみよ・え
そだててあそぼう8〜ソバの絵本 またのとしこ・へん ひらのえりこ・え

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

アワ・ヒエ・キビの絵本 (そだててあそぼう)
アワ・ヒエ・キビの絵本 (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 19:58 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2578
トラックバック