<< そだててあそぼう42〜ミツバチの絵本 よしだただはる・へん | main | そだててあそぼう21〜ダイコンの絵本 ささきひさし・へん つちはしとしこ・え >>

そだててあそぼう19〜カイコの絵本 きうちまこと・へん もとくにこ・え

 すっかり野生を失ってしまったカイコの歴史と育て方を教えてくれる絵本。毎日、クワの葉を与えて住処を掃除してやる必要があるカイコはやたらと手の掛かる家畜だ。
 クワは無農薬でなければいけないし、蚊取り線香でも死んでしまう弱さもあわせもつ。鉱山のカナリア的な使い方をできるかもしれない。

 生き物を飼うときは命に責任をもつ必要があると、いつもの文章があったけれど、ペットと違ってサナギの状態で煮殺したり、佃煮のつくりかたが紹介されている点が独特だった。
 成虫も佃煮にすることができて、サナギよりも癖がなくておいしいらしい。ただしメスは卵がじゃりじゃりするので、オスだけにしたほうが良いそう。
 虫が苦手な人にはなかなか根性がいる。

 人によって性質をすっかり変えられたカイコは、健気で可愛い生き物にも感じられる。もし飼うことがあったら手をかけて大事に育ててやりたいものだ。

関連書評
サイボーグ昆虫、フェロモンを追う 神崎亮平
そだててあそぼう42〜ミツバチの絵本 よしだただはる・へん

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

カイコの絵本 (そだててあそぼう)
カイコの絵本 (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 14:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2586
トラックバック