<< つくってあそぼう9〜ジャムの絵本 こしみずまさみ・へん | main | となりの野生動物〜暮らし・環境・人との関わり 高槻成紀 >>

そだててあそぼう13〜メロンの絵本 せこたつお・へん

 さいとうやすひさ・え。
 アフリカや中央アジアの乾燥地帯原産のメロンはまさに温室育ちの箱入り娘。高級品扱いは日本だけの現象だった!衝撃の情報があるメロンの絵本。
 世界的にはどんなメロンもマクワウリ扱いだとイメージすれば正解に近いのかなぁ。

 日本での育て方は高級品になってしまうのも納得の手間の掛かり方で、育成ゲームの攻略法を読んでいる気分になった。
 しかし、失敗したときに失われる時間のダメージは大きい……一年(難しい秋作をやるならともかく)経たないとリトライできないので。だからこそ、ハマりそうな感じもした。
 手間が掛かる代わりに実に見応えのあるメロンは食用作物であると同時に園芸作物でもあるらしい。メロンの出来を競い合う仲間がいれば、もっと楽しく、抜け出せなくなるのではないか。

 つるに実のつく位置で味や形が変わるところが興味深い。味と形を両立するなら11から15節を狙うといいらしい。

関連書評
そだててあそぼう11〜キュウリの絵本 いなやまみつお・へん
そだててあそぼう12〜カボチャの絵本
そだててあそぼう4〜ジャガイモの絵本 よしだみのる・へん:絵が同じ人

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

メロンの絵本 (そだててあそぼう)
メロンの絵本 (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:33 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2614
トラックバック