<< そだててあそぼう76〜ハーブの絵本 ひろたせいこ・へん | main | そだててあそぼう77〜ニンニクの絵本 おおばさだのぶ・へん >>

極限の世界にすむ生き物たち 長沼毅

 両極で、砂漠で、深海で、その他人類にはとてもいきられない環境でいきる動物たちを集めた図鑑。有名どころは皇帝ペンギンや大王イカがあり、無名どころにはチュニジアやマレーシアの温泉限定でいきるミジンコなどがいる?
 カリフォルニアの原油の池に生きる蠅がとりあげられていて、生物のなんでもありぶりにおののく。人間のつくった温泉にすむミジンコもそうだが、きわめて限られた環境でも適応する新しい生物がいるところが興味深い。
 環境が失われれば生物も同時に滅びるわけだが、似たような環境がメジャーになる可能性もほんのちょっとだけあるからなぁ。

 ナミブ砂漠関係では霧が起こるために、そこから水分をえる工夫が発達している。ナミブは砂漠の中では話の分かる奴だ。
 クリオネの食事シーンには耳にタコができたけれど、ダイオウグソクムシが凶暴という表現にはちょっとびっくり。凶暴なダンゴムシの仲間って……。

関連書評
岩波化学ライブラリー181 ヒドラ〜怪物?植物?動物! 山下桂司
TERRFORMARS(テラフォーマーズ)1巻 貴家悠・橘賢一:生物トリビアバトルマンガ

極限の世界にすむ生き物たち: 一番すごいのは誰? 極寒、乾燥、高圧を生き抜く驚きの能力! (子供の科学★サイエンスブックス)
極限の世界にすむ生き物たち: 一番すごいのは誰? 極寒、乾燥、高圧を生き抜く驚きの能力! (子供の科学★サイエンスブックス)
カテゴリ:科学全般 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:51 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック