<< そだててあそぼう98〜農作業の絵本L邵擇虜惑櫃反巴 | main | そだててあそぼう100〜農作業の絵本ゼ穫・保存・タネとり >>

そだててあそぼう99〜農作業の絵本げ娘の栽培と剪定

 たかはしくにあき・へん、じんさきそうこ・え。
 農作業の絵本5冊のなかで唯一著者の違う本。なぜなら果樹を扱っているからだ!ただし、絵はいつもと同じ陣崎先生なので、今回もおかっぱちゃんたちと一緒である。
 男の子が果物を収穫している後ろで、女の子と動物達が美味しそうに果物を食べていた。男の子にも食べさせてあげてください……クマが果物を食べるところが流石においしそうだ。うさぎや犬よりもクマの方が果物好きなイメージがある。

 本書のメインになるのは剪定の知識で、果樹を理想の形、すなわち栽培する人間にとって都合のいい形にするためのテクニックが紹介されている。
 徒長枝が悪者にされまくり!ねん枝で水平に曲げれば使えるけれど、バキっと音がするまで捻られるなんて……。

 子供向けだからこそ、植物が本来もっている(プログラムされている)育ち方とは違う育ち方を強いることの意味について、考えてほしいものだ。そのままであるよりも人間が手をかけた方がよく育ったり、風に倒されたりするリスクが減少することも合わせて。
 それにしても、かなり大きな経営規模を前提にしているらしき記述が気になる……1、2本(1本だけだと受粉しない場合があるので注意とのこと)の規模には思えない。
 プロの農家はパターン認識的に剪定処理をしているのかなぁ。ややこしい剪定の知識を読んで、尊敬の念がわきあがってきた。

関連書評
そだててあそぼう89〜モモの絵本 やまぐちまさみ・へん みなみくうくう・え
そだててあそぼう73〜クリの絵本 あらきひとし・かわかみかずお
そだててあそぼう30〜カキの絵本 まつむらひろゆき・へん

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

農作業の絵本〈4〉果樹の栽培とせん定 (そだててあそぼう)
農作業の絵本〈4〉果樹の栽培とせん定 (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 19:31 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2630
トラックバック