<< 鉄学137億年の宇宙史 宮本英昭・橘省吾・横山広美 | main | 月刊ニュートン2016年4月号 >>

宝石のほんvol.1 琥珀 飯田孝一 亥辰舎

 有機物にして宝石。
 人類と長い関係のある琥珀をあつかった本。琥珀より若いコーパルもあつかっている。また、合成樹脂の模造品についても言及している。合成樹脂のデータは趣味の枠をはずれて参考になった。

 琥珀に対して様々な処理や加工がおこなわれており、強く気にしだすと手が出せなくなりそうなほどだ。
 はじめてミネラルショーに行ったとき、得意げに琥珀より安かったと虫入りコーパルを買ってしまったことを思い出す……コーパルはコーパルで揃えるコレクションになったから、よかったのさ。
 アマチュアはあまり本物と処理品で気負う必要はないのかもしれないが、偽物の虫入りだけは許せない。なんとか気をつけたい。

 琥珀の産地としてはバルト海沿岸とドミニカ共和国が有名だが、新しい産地も続々と現れているという最新情報が紹介されている。
 日本の有名産地である久慈が世界的にみても重要な面をもつことが分かって嬉しかった。しかし、推定埋蔵量は5万トンと毎年数百万トンも採集されるバルト海沿岸とは大差がある。
 じっくり大事に採集してほしいものだ。他の国内産地については簡単な記述で、ちょっと物足りなかった。銚子の琥珀は多少出番が多い。眠っていた産地情報は気になる。
 瑞浪のコーパルだけ10万年前と若いが、他のコーパル産地は紹介されていないだけなのかな。

関連書評
琥珀〜永遠のタイムカプセル アンドリュー・ロス著/城田安幸 訳
ROCK and GEM 岩石と宝石の大図鑑
琥珀:Amber:自分の持っている琥珀の写真

琥珀 (飯田孝一 宝石のほんシリーズvol.1)
琥珀 (飯田孝一 宝石のほんシリーズvol.1)
カテゴリ:地学 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:27 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2652
トラックバック