<< つくってあそぼう28〜麦わらの絵本 かねこてるひこ・へん | main | そだててあそぼう45〜ブドウの絵本 たかはしくにあき・へん さわだとしき・え。 >>

そだててあそぼう6〜イネの絵本 やまもとたかかず・へん

 もとくにこ・え。
 日本人にとって特別な意味をもつ作物イネの絵本。その割にはフラットな表現で書かれていると感じた。雪にワラと大豆でつくった疑似的な稲を植えて豊作を祈願する儀式はなかなか印象的だったが。

 さすがに知っていることが多い――同じシリーズの赤米・黒米を先に読んだ影響が大きい――のだが、そんな中でバケツ栽培で一年分のお米をとるには1095このバケツを使えばいいという計算が印象に残った。
 効率が悪すぎる……!

 気温19度を下回って冷害がせまっているときは、地面から5センチの高さにある穂の赤ちゃんを守るために水をそれより深くする。そんな知識を得て注意深く田圃を見守れば、農家と自然の静かな戦いに気が付くことがあるかもしれない。
 品種改良は味や成分の方向に向かっているとしているけれど、今でもコシヒカリは倒れやすいと言われているわけで、改良の余地が完全になくなっているとも思えない。
 未来にはどんなイネが生み出されて、人々の口に運ばれることになるのだろうか。作付け面積が減っていても、まったく食べられなくなる事態は想像できない。

関連書評
そだててあそぼう7〜ムギの絵本 よしだひさし・へん/めぐろみよ・え
そだててあそぼう65〜アイガモの絵本 ふるのたかお・へん
そだててあそぼう95〜コイ・フナの絵本 たけみざわけさお・へん

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

イネの絵本 (そだててあそぼう)
イネの絵本 (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2669
トラックバック