<< 田んぼの発電所 福永博建築研究所 | main | 決定版太平洋戦争5消耗戦〜ソロモン・東部ニューギニアの死闘 >>

遺したい日本の風景沙蛎次‘本風景写真協会

 遺したいと自分たちの死を念頭においている凄い写真集。遺す主体が撮影者とも、日本国民全体とも確定されていないが、世代をつなぎたい気持ちは伝わってくる。
 しかし、キャプションでは過疎化の文字がよく踊る。たまに村おこしに成功している例もあって、いちぶの風景は生き残れるかもしれないと希望を抱く。
 東北地方の山村風景については地震による被害も心配だ。2010年11月の写真などがあって、現状がとても気になった。今後も多くの風景が地震や火山噴火の被害をうけて、変化を余儀なくされていくのではないか。
 それらを取り込んで変化し続けていくものも、アクティブな山村風景だったはずだが、そこまでのエネルギーはなかなか期待しがたい。TPPの影響が心配だ。

 個別の写真では長野県飯田市上村「霧かくれの里」がすごい光景だった。ほかの写真集でもみた覚えはあるのだが、なんど見ても感動してしまう。
 作物としては蕎麦と蒟蒻とのことで、昔の厳しい生活が想像できる。
 もう一枚和歌山県有田川町清水の写真はまるで丸馬出しのような形状をした田圃が興味深かった。川のカーブ部分に存在しているので、治水の力でしっかりガードできるようになってから開発された田圃なのかもしれない。

 多くの写真で野焼きの煙が確認できて、山村がいまも息づいていることを感じさせてくれる。野焼きの煙は山村の息吹である。

関連書評
日本民家紀行 高井潔 とんぼの本
合掌賛歌供\硬鍔美写真集

遺したい日本の風景 (6) 山村
遺したい日本の風景 (6) 山村
カテゴリ:写真・イラスト集 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:43 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2713
トラックバック