<< 第一次世界大戦の歴史大図鑑 H・P・ウィルモット | main | そだててあそぼう37〜土の絵本土のなかの生きものたち >>

そだててあそぼう36〜土の絵本‥擇箸△修椶

 日本土壌肥料学会・編。中村真一郎・イラスト。
 もはや農業の絵本ではない!土壌のことを理科的に楽しむヒントを与えてくれる土の絵本になっている。
 光る泥だんごが出てくるのはふりかえれば必然であった。焼き物などの正統派もある。小学生が開発した釉薬を塗った本焼きまでの手法が紹介されていたが非常に複雑で驚いた。
 いったいどんな小学生なんだ……ものすごい回数のトライ&エラーをしているのだろうなぁ。そこそこうまく行っても妥協せずにもっといい方法を探してみたり。

 最初に土壌中の鉱物を拡大した写真が載せられていて、造岩鉱物ながらそれぞれがとても綺麗だった。
 まぁ、火山灰ならではかもしれないが。
 土を樹脂に封入してつくるペンダントは玄人好み。泥染めはもっと色合いがマニアックだった。綺麗と表現されても素直に同意しづらい。白ばかりよりは彩りがあるけれど。

 イラストを描いた中村真一郎氏の名前は巻末にしか出てこない。絵本シリーズなのに、ずいぶん控えめにされてしまっている。
 人物のまとう雰囲気がなんとも良くて、生き生きとして感じられた。女の子が雰囲気美人だ。女の子っぽいのに、男性のセリフをつけられている人物もいて混乱した。ちょっと髪の長い男の子だったのかな(続刊によればやっぱり女の子っぽい)。

関連書評
石ころ博士入門 高橋直樹・大木淳一 全農協
第13回企画展 地面のしたのちからもち〜土の中のちっちゃなモンスターたち 中津川市鉱物博物館

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

土の絵本〈1〉土とあそぼう (そだててあそぼう)
土の絵本〈1〉土とあそぼう (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:35 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2728
トラックバック