<< そだててあそぼう39〜土の絵本づ擇つくる風景 | main | つくってあそぼう2〜なっとうの絵本 わたなべすぎお・へん >>

そだててあそぼう40〜土の絵本ゴ超をまもる土

 日本土壌肥料科学会・編。中村真一郎・イラスト。
 土壌をめぐる物語はついにエコロジーの世界にたどり着いた。人間と環境問題の関係を絵本の読者にアピールしている。子供には難しいと感じても、意外と本人なりに咀嚼しているものだ。
 ここまでの4冊でつきあってきたキャラクターが、硝酸入りの水やダイオキシンの入った食べ物を口にしている絵がショッキングだった。自分たちも似た状態にあると分かっているとは言っても、図解の威力は高い。
 これを応用して、毒物巡回のイラストに本人や家族の顔写真をはめ込み合成してみせるようにすれば学習効果は高いかもしれない。でも、神経質になりすぎる可能性もある。ちょっと難しいか?
 硝酸入りの粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは突然出てきた。姉弟の弟妹なのか、貧乳お姉ちゃんの子供なのか……登場人物全員集合的なラストのカットにいなかったのが不穏だよ。
 親戚の子供の面倒を一時的にみていただけを解釈した。

 あと、農業の副次的環境効果が年7兆円、林業が75兆円という試算が載っている。TPPで農業が壊滅したら年7兆円分の支出が増えたりしないかと今から心配している。林業も無関係ではいられないだろうな。
 日本の土壌はどうなってしまうのか。ラストの地図をみると、北海道と九州が水による土壌流出の色に塗られているが本州は安定とされていたが、安心はできない。
 北欧4国でもノルウェーだけは土壌が安定と判定されている点が興味深い。西で海に接して比較的雨が多いとか?

関連書評
図説 世界の自然環境 辰己勝
極限の世界にすむ生き物たち 長沼毅

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

土の絵本〈5〉環境をまもる土 (そだててあそぼう)
土の絵本〈5〉環境をまもる土 (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2732
トラックバック