<< つくってあそぼう11〜砂糖の絵本 すうぎもとあきら・へん | main | つくってあそぼう13〜しょうゆの絵本 たちひろし・へん >>

つくってあそぼう29〜やきものの絵本 よしだあきら・へん

 やまざきかつみ・え。
 七輪を使ってやきものが作れる。縄文土器なら室内でバケツと砂を利用して内側から焼くように作れる。
 家庭で手軽にやきもの作りをする方法を紹介する一冊。登場人物の白目が黄色に塗られていて怖い。

 やきものの型にたまねぎやかぼちゃを利用することで綺麗でユニークな形を素人でも成形できるようにしている。ストッキングを被せることで土にくっつかない工夫もあり、実に「土」に足がついた雰囲気だ。
 炭火にドライヤーに風を吹き込ませることで1300度にも達する高温が達成可能らしい。ドライヤーのメーカーは保証対象外の使い方だって言うだろうな……。
 手軽な焼き方ができる秘密には急熱急冷に強い土を利用していることがある。そのあたりは現代の材料開発の勝利であろう。

 縄文土器のやきかたについては、ふつうの野焼きにくらべて燃料を節約できる方法を著者が考えた中でみつけた方法らしい。
 実際の焼き方だったかについて、検証する方法がないのかな。おそらく現実にはいろいろな焼き方があったのだと思われる。

関連書評
保存版 見てわかる陶芸材料 寺田康雄 「つくる陶磁郎」編集部編
基本から裏ワザまで! はじめての電気窯焼成 高木和安
へうげもの1巻 山田芳裕

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

やきものの絵本 (つくってあそぼう)
やきものの絵本 (つくってあそぼう)
カテゴリ:架空戦記小説 | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2736
トラックバック