<< 絵とき真空技術〜基礎のきそ 飯島徹穂 | main | 蜃気楼のすべて! 日本蜃気楼協議会 >>

世界の砂図鑑〜写真でわかる特徴と分類 須藤定久

 砂はその土地の地質を反映する――はずが、人工の砂浜によって怪しくなっている。そんな各地から砂を集めて拡大写真を掲載した図鑑。
 小さなサイズでは綺麗にみえる砂が多くて、透明な石英にうっとりしてしまう場合もあった。たとえば山形県飯豊町の珪砂は綺麗な粒ばかりですごい。
 うぐいす色の砂がカンラン石で出来ている場合も見応えがある。

 日本国内の場合は産地の写真や砂以外の発見物も紹介されていて興味深かった。
 砂をテーマに日本全国を旅した気持ちになる。その一方で、自分の知っている土地については紹介される砂の密度がものたりないと感じる場合もあった。
 インターネットでもっと多くの砂が紹介されているそうなので、そちらを参照かなぁ。

 顕微鏡やスキャナーを用いて砂の写真をえる方法も巻末に紹介されていて、調査が全国的に広がっていったら愉快である。
 消える砂浜がこれ以上、あらわれないことを願う。

関連書評
石ころ博士入門 高橋直樹・大木淳一 全農協
かわらの小石図鑑 千葉とき子・斎藤靖二
石ころ採集ウォーキングガイド 渡辺一夫


世界の砂図鑑: 写真でわかる特徴と分類
世界の砂図鑑: 写真でわかる特徴と分類
カテゴリ:地学 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:32 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2782
トラックバック