<< 王安石〜北宋の孤高の改革者 小林義廣 | main | 興国の楯〜謀略!マッカーサー暗殺指令 林譲治 >>

つくってあそぼう30〜箸の絵本 兵左衛門・へん

 つちはしとしこ・え。
 けっこう宗教に足を踏み込んでいる。日常生活にひそむ日本人の宗教観に気づかされる箸の絵本。
 嫌い箸の内容が具体的すぎて、嫌い箸を定義した人は嫌い箸のことが大好きだったんじゃないかと思ってしまった……普通はそんなことやろうと思わない所作まで含まれているので。
 でも、定義に入っているってことはやる人間がいたのだろう。いつもはやらなくても、ついつい思いつきでやってしまう可能性もある。避けるには、やっぱり知っておく必要があるなぁ。
 嫌い箸の一種、直箸については、中国韓国では親愛表現であることも含めて覚えておいた方がよさそうだ。

 肝心の箸の作り方については単純だが、二本セットであるためにごまかしが利かない。
 二つを同一に仕上げるのは、それなりにハードルが高い。まぁ、失敗しても材料が残っていれば作り直すことはできる。
 あまり構えすぎずに理想の箸をイメージして作業をはじめてしまうのが吉であろう。

 読んでいて漫画「アンの世界地図」に箸を選ぶ回があったことを思い出した。かなり印象に残っている。人に箸先が向かないように、取る方法など……。

関連書評
毒の科学〜身近にある毒から人間がつくりだした化学物質まで 齋藤勝裕:キョウチクトウには要注意!
アンの世界地図1巻 吟鳥子

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

箸の絵本 (つくってあそぼう)
箸の絵本 (つくってあそぼう)
つちはし先生の絵には凄く安心感がある。
カテゴリ:ハウツー | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:55 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2829
トラックバック