<< 興国の楯〜死守!愛国鬼動要塞 林譲治 | main | つくってあそぼう36〜保存食の絵本1野菜 >>

つくってあそぼう35〜ピクルスの絵本 みやおしげお・へん

 かわむらふゆみ・え。
 ピクルスといえばハンバーガーなどに挟む欧米の漬け物のイメージがあるが、言葉としてはそのまま「漬け物」を指すらしく、本書は海外の漬け物について広範に説明している。

 一定期間放置して乳酸発酵、酸っぱさを引き出す「だけ」に思えるザワークラフトの作り方は美しい日本の料理以上に「素材の味を引き出して」いるのではないか?
 ザワークラフト専用のキャベツがあることに驚いたけれど、冷静に考えれば日本にも守口大根などの例があるのだった。

 欧米だけじゃなく、中国の漬け物を作り方が載っていて、水でシールすることで酸素のない環境をつくりだす泡菜用の壷には驚いた。
 どうやって、こんなに合理的な構造を考え出したのか。非常に不思議である。

関連書評
そだててあそぼう11〜キュウリの絵本 いなやまみつお・へん
そだててあそぼう32〜キャベツの絵本 つかだもとひさ・へん

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

ピクルスの絵本 (つくってあそぼう)
ピクルスの絵本 (つくってあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:24 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2868
トラックバック