<< ビジュアル博物館 象 イアン・レッドモンド著 | main | 図説 玉砕の戦場 太平洋戦争研究会・編 森山康平・著 >>

そだててあそぼう75〜ブロッコリー・カリフラワーの絵本

 ふじめゆきひろ・へん。すぎたひろみ・え。
 元は同じだけど多彩に広がるアブラナ科ワールド!ケールからはじまり、上にキャベツ兄さんやメキャベツ姉さんをもつ、ブロッコリー・カリフラワー兄弟の絵本。
 コールラビなんて兄弟がいることを初めて知った。アブラナ科野菜は広大だわ。

 ブロッコリーは花のつぼみで、カリフラワーは花床と花芽という違いがあり、そのために姿は似ていても風味などから違っている。
 ただし、ややこしいことにカリフラワーの一種としてブロッコリーの名前が使われた歴史があるらしい。
 カリフラワーにはいろんな「バグ」もあって、妙な形状になってしまいやすいことが興味深かった。やはりブロッコリーよりも不自然な状態なのだなぁ……栄養もブロッコリーの方があるみたいだし、人類の嗜好以外に食べる理由がない。

 イタリアがブロッコリーの本場で、日本の気候が地中海性気候とはかけ離れているために、栽培には苦労があるようだ。苗を植えたら畝全体に寒冷紗を掛けて数日ガードした方がいいのは相当弱いと思った。
 まぁ、そんな手間を掛けるだけの価値を認められている野菜ではある。

関連書評
そだててあそぼう90〜菜っぱの絵本 のろたかし・へん
そだててあそぼう32〜キャベツの絵本 つかだもとひさ・へん
そだててあそぼう33〜ナタネの絵本 いしだまさひこ・へん

農文協そだててあそぼうシリーズ感想記事一覧

ブロッコリー・カリフラワーの絵本 (そだててあそぼう)
ブロッコリー・カリフラワーの絵本 (そだててあそぼう)
カテゴリ:ハウツー | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:46 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2888
トラックバック