<< おもしろふしぎ日本の伝統食材10〜海そう | main | 珪藻美術館 奥修 >>

ペンギンのしらべかた 上田一生 岩波科学ライブラリー182

 人間にとって親しみやすい二足歩行をおこなう飛べない鳥ペンギン。そんなペンギンの研究をつづけてきた著者による生態を中心としたペンギン研究の紹介。
 世界中の研究者がさまざまな方法を考案してペンギンの秘密にアタックしている様子がわかる。

 岩波科学ライブラリーではおなじみの「バイオロギング」が普及するまでは海のペンギンを研究することは本当にたいへんで、南極周辺の海況を考えれば無謀に近いものがあったようだ。
 それでも調べた研究者がいたのだから、彼らを突き動かす情熱には圧倒される。

 最近のペンギン研究は対象の生命に悪影響を与えないために、いろいろと気を使っていることも分かった。
 22世紀にも全種類のペンギンが残ってくれているだろうか?実は南極よりも温帯のペンギンが危ないことは覚えておきたい。

関連書評
サボり上手な動物たち〜海の中から新発見! 佐藤克文・森阪匡通
ジュゴンの上手なつかまえ方〜海の歌姫を追いかけて 市川光太郎

ペンギンのしらべかた (岩波科学ライブラリー)
ペンギンのしらべかた (岩波科学ライブラリー)
カテゴリ:科学全般 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 17:41 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2906
トラックバック