<< ガチ甲冑合戦でわかった実戦で最強の「日本武術」 | main | 七年戦争・上 吉田成志 文芸社 >>

全訳「武経七書」1 孫子・呉子 守屋洋・守屋淳

 武経七書としての孫子・呉子。まえがきで孫子とその他の間にある格差が紹介されている。特に司馬法と李衛公問対は数十年あたらしい本が出版されていなかったそうで……私もこのシリーズでしか読んだことがない。ただし、書き下し文だけならインターネットで読める。

 1巻はもっとも有名で人目に触れている孫呉の訳だが、それだけに訳の性質が読みとれた。
 最初に書かれている日本語訳は意訳の傾向が強い。すらすらと読めて理解しやすいが、頭を使って噛み砕く感じは弱くなる。そういう時は解説の後にある書き下し文を読めばいい。他の本との訳を比較するためにも書き下し文はあった方が助かるのだが、訳者は前書きで「書き下し文と漢文はなくてもいいけど、一部の好事家用につけた」と述べている……まぁ、自分が好事家であることは否定しない。
 自分もしょうじき漢文はまともに目を通していないが情報の圧縮されぶりをみるのは楽しい。
 孫子と呉子はそんなに文字数に大きな差はなかったと思うのだが、本書で占めているページ数は大きく違っている。孫子の方が熱心に解説され、翻訳もかんで含めるところがある。
 歴史的な扱いの差に切なくなると同時に、呉子が硬派でカッコいい気もしてくる。

 呉子は理想とする軍事と、本人が行わなければいけなかった軍事に差がある。戦いを避けるべきと自分が分析する要素をもつ相手(秦)と正面からぶつからざるをえなかったし、充実をもとめた政治へ口出しできる権限も完全ではない(魏の時代は特に)。
 そんな状況で結果を出したからクールだし、兵家でありながら陰謀に倒れても名誉を保てるのかもしれない。

 あと、料敵編の戦うべきではない敵の例は、戦争を防止する軍備を整えることを考えるうえでも役立つ気がした。ただし、「敵」がちゃんと諜報活動をしてくれる場合に限る……。

関連書評
よみがえる中国の兵法 湯浅邦弘
最高の戦略教科書 孫子 守屋淳
全訳「武経七書」司馬法・尉繚子・李衛公問対 守屋洋

[新装版]孫子・呉子 (全訳「武経七書」)
[新装版]孫子・呉子 (全訳「武経七書」)
カテゴリ:ハウツー | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:12 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2912
トラックバック