<< 絵でわかる古生物学 北村雄一・著 棚部一成・監修 | main | 貧乏大名”やりくり”物語 山下昌也 >>

戦国の陣形 乃至政彦

 気がついたら村上義清の株があがっていた。
 彼が武田晴信のタマをとるため特別に編成したカチコミ部隊の編成が、亡命先の上杉家に伝わり、対抗するために武田家と北条家が同じものを編成し、日本全国のスタンダードになったとする説をとなえる本。
 肝心の陣形は武田晴信によって生まれかけたところで、この未来のディファクトスタンダードにつぶされたとしている。

 いわいる戦国の通説に反逆する本なのだが、個人的に受け入れるには抵抗が強く、話半分に受け取った。
 川中島・三方原・関ヶ原の新しい復元とするものが、興味を引く反面、他の部分の説得力を奪ってしまっている。
 伊達政宗が大阪夏の陣で大量の鉄砲を連れて行ったのは、革新ではなく、サボタージュの一種だったとする説は話としては面白かった。

 とりあげられている内容の中では、途中にあった大塔合戦がいちばん興味深かったかな。源平合戦においても少数部隊の異常な敢闘は見られるわけで、騎馬武者の世においては上手に勝ちたければ数を揃えるよりも数は敵と同じにして精鋭を揃えた方がよかったのかもしれない。

関連書評
孫ピン兵法〜もうひとつの「孫子」 金谷治 訳・注
諸葛孔明の兵法 眸穣

戦国の陣形 (講談社現代新書)
戦国の陣形 (講談社現代新書)
カテゴリ:歴史 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:56 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2948
トラックバック