<< 貧乏大名”やりくり”物語 山下昌也 | main | 世界の魅惑のトンネル 洋泉社編集部 編 >>

神姫PROJECT〜彼方からの旅人 氷上慧一

 主人公がしゃべらないソーシャルゲームのラノベ化。ゲームではマスターと呼ばれる主人公には「セイ」の名前が与えられて、熟慮型ながら意志をもって行動している。
 でもやっぱり全体を引っ張っているのは主人公の幼馴染であるアリサだ。かなり無茶苦茶な性格をしているが、リナ・インバースに比べればたいした問題はないと思い直した。

 話の内容は隣の村が3日の距離にあるというあまりにも人里離れた自給自足の村での少女型モンスター「変異種」退治と、変異種をあやつっているらしい謎の組織「テスタメント」との戦いに終始している。まぁ、可もなく不可もなく。声とビジュアルをゲームで知っているのでイメージしやすい点は新鮮だった。
 せっかく言葉で風景を作れる小説なのに森につぐ森で夜明けの炎刃王気分だったのは否めない。村も孤立しすぎだろう……現実ではなんだかんだで繋がりがあるものかと。

 ボスのリリスが「さっすが〜!リリス様は話がわかるッ!」な発言をかましていた。さすがは元のゲームが元のゲームというか……私がもちだした「話がわかるッ!」なんか全年齢向けゲームだし、セーフだな。


 シリアルコードでついてくるデメテルは回復役かつバーストにパンチ力のある神姫で結構使える。SRニケの上位互換気味である。
 ゲスト出演した神姫ではクシナダだけ持っていないので気になった。ベルフェゴール先生(レイド戦で使える神姫は先生をつけて呼んでしまう)はやっぱりいいな。

神姫PROJECT 彼方からの旅人 (ファミ通文庫)
神姫PROJECT 彼方からの旅人 (ファミ通文庫)
カテゴリ:ファンタジー | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:44 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック