<< 神姫PROJECT〜彼方からの旅人 氷上慧一 | main | ティムール〜草原とオアシスの覇者 久保一之 >>

世界の魅惑のトンネル 洋泉社編集部 編

 世界のトンネルをあつめた写真集。最後には話題につかえるトンネル知識も収録している。
 写真の出典でアフロばかりが出てくるのでアフロのトンネルを抜けた気分になった。普通の定義のトンネルばかりではなく、トンネルを感じさせる光景も収録している。
 果樹が道にせりだして緑のトンネルになったものや、藤棚、鳥居などかなり自由に「トンネル」に定義していた。

 アメリカのトンネルはさすがに未来志向で、SFの雰囲気がある。日常空間にすると疲れそうだけど、観光でたちよって見る分にはよさそうだ。
 ヨーロッパの同種のトンネルは、どうにもセンスが合わず、心がざわついた。自然物や歴史的なトンネルはいいんだけどね。

 見開きいっぱいに写真を使った関係でトンネルの中心が、ページの継ぎ目に当たってしまっている問題は何とかしてほしかった。
 最後のトンネルQ&Aに出てきた鍋立山の難工事には恐れおののいた。トンネルボーリングマシンがスタート地点よりも押し戻されるって……世界で最も長い645mってタイトルの映画にできそうだ。
 リニアを通すため、現在もトンネル技術者たちによる伝説が紡がれているのだろうな。

関連書評
素堀りのトンネル〜マブ・二五穴

世界の魅惑のトンネル
世界の魅惑のトンネル
カテゴリ:写真・イラスト集 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 18:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2951
トラックバック