<< 海の波を見る〜誕生から消滅まで 光易恒(感想二回目) | main | ナショナルグラフィック世界の国〜イタリア >>

MikuMikuDanceでPさんと呼ばれる本

 かんなP/ラジP/極北P/ポンポコP。
 フリーで3D動画を制作できるツール、MikuMikuDanceの解説書。この一冊で一通りの制作からアップロードまでの作業ができる内容になっている。
 2010年の出版なので古くなった部分もありそうだけど、基本は変わっていないはず。入門書として良さそうだ。

 エンコード関係の説明など躓きそうなところは、直接MikuMikuDanceの部分でなくても画像付きで詳しく説明してくれている。
 おかげで動画の規格が「箱」にすぎないことを知った。読める拡張子でも本当に読めるかはプラグイン次第というややこしいことになっているんだなぁ。
 なんでもフリーのツールで出来てしまえる環境ができていて凄い。メタセコイアでモデルを作る場合はシェアウェア版の使用を推奨していたけれど。

 数学的(あるいは物理学的)な説明など専門的と感じる部分も多々あって、ソフト制作者やPの知識に感心した。まぁ、制作するだけなら全てを網羅していなくても、なんとかなるはず。
 あまり苦手意識をもたずに、取りかかってみたい。というか、操作しながら読むべきだったのだが……。

MikuMikuDance でPさんと呼ばれる本
MikuMikuDance でPさんと呼ばれる本
カテゴリ:ハウツー | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 13:07 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2966
トラックバック