<< メキシコ〜ナショナルジオグラフィック世界の国 | main | ロシア〜ナショナルジオグラフィック世界の国 >>

ギリシャ〜ナショナルジオグラフィック世界の国

 ジェン・グリーン著、グレッグ・アンダーソン/コスタス・フラソプロス監修。
 電気の通じていない土地は「山奥の村にしかない」。それでもバルカン半島では比較的豊かな国ギリシャのことが一通りわかる本。
 さすがにギリシャの歴史をほんの一部で説明することには無理があった。それでもトルコとの深刻な関係はわかる。ベネチアへの恨みはさすがに捨てたのかなぁ。
 それよりも国王を落下傘させたドイツの方が恨まれてたりして――どっちも第二次世界大戦で敵になっているのは偶然か?その点では独立の英雄にイギリス人のパイロン卿がいることも興味深い。

 海に親しむギリシャの国土にはちょっとした親近感を覚える。しかし、チーズやオリーブオイルを多用している点はさすがに日本とは違っていた。
 行政区にマケドニアの名を関したものが複数あってマケドニアの独立がトラブルになった理由もなんとなくわかった。歴史からいいところ取りをしたがり過ぎている気もするが……。

関連書評
ギリシャを巡る 萩野矢慶記
NHKスペシャル 知られざる大英博物館 古代ギリシャ
古代ギリシャの言葉 ジャック・ラカリエール/中井久夫

ギリシャ (ナショナルジオグラフィック世界の国)
ギリシャ (ナショナルジオグラフィック世界の国)
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 15:42 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3018
トラックバック