<< 妖氛録 中島敦 | main | バサラ戦記3〜織田軍団襲来 河丸裕次郎 >>

バサラ戦記2〜清洲の陰謀 河丸裕次郎

 天下人への執着心に目覚めてしまった羽柴秀吉は、津田信澄を蹴落とすための陰謀をめぐらせる。
 まんまと柴田勝家を抱き込んだ秀吉によって、信澄は清洲城での挟撃を受けることになるのであった。

 中川清秀が大活躍だった。今度のピンチに関しては政宗と幸村のコンビもまったくセンサーが働かず、別の場所から発覚した点がよかった。
 蒲生氏郷は見抜けなかったと反省していたけれど、彼が池田恒興をねじ込んだおかげで何とか助かったのである。池田恒興は史実でも「なぜか清洲会議にいる」状態だったよなぁ。
 信澄を間接的に助けることになった池田恒興の立場が気になる。優柔不断の恒興は無理でも高山右近が手勢と逃避行に同行してくれれば、もうちょっと楽になったのに……共に地獄をくぐりぬけた一行の結束がより強まったことは間違いない。

 信濃に逃げた信澄を庇護した真田昌幸にとっては、武田勝頼相手にできなかった救援を津田信澄相手にやることになりそうだ。敵は織田勢で変わっていないし、前々から練っていた計画が応用できそうだ。

バサラ戦記2 清洲の陰謀 (歴史群像新書)
バサラ戦記2 清洲の陰謀 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック