<< クマムシ?!〜小さな怪物 鈴木忠 | main | 人口論 マルサス 斉藤悦則・訳 >>

あばばばば 芥川龍之介

 タイトルのインパクトに引かれて読んだわりには、まともな内容だった。たいていの小説に比べれば何も起こらなかったとすら言える。だけど、個人レベルでは確かに大きな変化が起こっていて、登場人物の息遣いが感じられた。
 なんでもない出来事のようでいて、まるで自分が経験したことのごとく感じられる。人生経験に下駄を履いた気分になれる作品だった。

 あと「天然」の魅力は昔から認識されていたんだなぁ。保吉の心理が天然さんのおかげで分かる。
 もっとも情報が少ない登場人物であるがために小僧が気になった。「新入り」との折り合いはどうだったんだろうか。

青空文庫
芥川龍之介 あばばばば
カテゴリ:文学 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:20 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3060
トラックバック