<< ラオス〜ナショナルジオグラフィック世界の国 | main | 虎狩 中島敦 >>

スウェーデン〜ナショナルジオグラフィック世界の国

 チャールズ・フィリップス著、スーザン・C・ブラントリー/エリック・クラーク監修。
 福祉国家、中立国家として世界に名を馳せる人口900万人のスウェーデンをまとめた本。人口が増加傾向にあることが凄い。それでも高齢化は進んでいるらしい。

 個人的に注目するのは「自然享受権」と言われる全国民にあたえられたスウェーデンの自然に親しむ権利で、都市人口は他の先進国と同じく高いながらも、スウェーデン人に独特の自然観を与えていそうだった。
 あと、スモーランドという地名があることを知った。スウェーデンスモーランド出身の力士が出てくれないかなぁ。
 アナウンスに会場は騒然だよ。

 過去の歴史はそれなりに血なまぐさく、そこはさすがにバイキングを先祖とする国である。カール12世は名前をあげられなかった。英雄だけどロシアへの敗北をもたらした君主でもあり、スウェーデン人の思いは複雑なのかな。

関連書評
世界遺産9 北欧 アートウェア・コミュニケーションズ

ナショナルジオグラフィック世界の国シリーズ感想記事一覧

スウェーデン (ナショナルジオグラフィック世界の国)
スウェーデン (ナショナルジオグラフィック世界の国)
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 04:22 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 04:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3068
トラックバック