<< 長宗我部元親と四国 津野倫明 人をあるく | main | 南アフリカ〜ナショナルジオグラフィック世界の国 ヴァージニア・メイス >>

ポルトガル ナショナルジオグラフィック世界の国 ザイラ・デッカー

 ディモシー・J・コーテス/アナ・フランシスカ・デ・アゼヴェド監修。
 今でも人口の半分近くが農村部に住む西ヨーロッパでは珍しい国ポルトガルが紹介される。サラザール政権の長さは異常である。独裁的な傾向を強めていたとはいえ、代替わりを許さずに済んだところは不幸中の幸いだったかもしれない。

 北部の方が南部よりも人口密度が小さいとの説明だったが、載っている地図では北部の方が全体的に色の濃い部分があって、南部には白っぽい部分がある。統計上のマジックが発動しているのかなぁ。
 オオヤマネコだけじゃなくて、オオカミが国土に生き残っている点が意外だった。しかも、オオカミはいちおう絶滅危惧種にあげられていない。

 元植民地との言語的なつながりは流石に強いらしく、中でもブラジルとのつながりは非常に重要な印象だ。
 発行時点では隣国スペインとの貿易が圧倒的だけれども、大西洋にポルトガルの活路があることは、おそらく昔と変わっていない。

 ポルトガル国歌が敵意の対象としているのが、世界一長い同盟を続けている相手国であるイギリスなのはずいぶんな皮肉だと思った。

関連書評
図説ポルトガルの歴史 金七紀男
スペイン〜ナショナルジオグラフィック世界の国

ナショナルジオグラフィック世界の国シリーズ感想記事一覧

ポルトガル (ナショナルジオグラフィック世界の国)
ポルトガル (ナショナルジオグラフィック世界の国)
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 18:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3092
トラックバック