<< コンニャクと生きる〜信州と上州の山里をつなぐ 柏企画 | main | フューチャー・イズ・ワイルド 1億年後 しゃく熱の世界 >>

フューチャー・イズ・ワイルド〜500万年後 氷の世界

 もし人類が滅亡すれば、どんな生物が進化によって誕生するのか。
 現生生物を未来の予想される気候に適応させることで築かれた空想の世界をえがくCG作品。それぞれの土地について3種類ずつの空想生物が紹介されている(げっ歯類の「ラトルバック」だけは派生の「デザートラトルバック」で種類を稼いでいる)。
 奇想天外でありながら、現在の生物につながっていて、あまり無理が感じられないラインを巧みに攻めている。

 単純に次の氷河期なら高山の生き物が平地まで降りてくることを想像すればいいけれど、500万年後になると各地に独自の生物が現れてくる。また絶滅する生物もたくさん出てくる。
 進化しているのは母集団が大きい生物か、未来の気候に適応する要素をもった生物だ。

 「北アメリカ砂漠」に棲息するモグラ型のウズラ「スピンク」の存在で、あの鳥が強い特長をもっていることを知った。
 各生物を提案した研究者たちのどこか胡散臭い説明もおもしろかった。楽しんで創っているなぁ。

関連レビュー
Life(ライフ)1 BBC ACTIVE
ウォーキングWITHダイナソーVol.1 BBCワールドワイド
フューチャーイズワイルド 500万年後 氷の世界 [DVD]
フューチャーイズワイルド 500万年後 氷の世界 [DVD]
カテゴリ:映像資料 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:56 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3097
トラックバック