<< 陽光の南イタリアとシチリア島をたずねて | main | 決定版恐竜大図鑑供NHKエンタープライズ >>

決定版恐竜大図鑑1 NHKエンタープライズ

 古生物の図鑑で決定版を謳うことには無理がある。
 それを再確認させる一本だった。

 始原研究所なる生きた恐竜を観察研究できる架空の研究所を舞台にCGで恐竜の動いている姿やさまざまなスペックが描写されている。
 そんな方法で説得力を底上げしておいて間違っていたら、どうするつもりなのか。

 ティラノサウルスの速度は時速25kmで、アパトサウルスの体重は35トン。それらは話に出てくる研究者による根拠のある推定には違いないが、「真実」とは異なる。
 どうにもモヤモヤしてしまう描き方だった。

 大型草食恐竜の首の可動範囲や気嚢システムの話はよかった。
 気嚢システムをもった恐竜にほ乳類は良く対抗できたものだと感心するが、研究者が歯はほ乳類の方が高度化しているなどの説明もしてくれていた。
 そういえばは虫類の歯はどこでも同じで、ほ乳類の歯は犬歯や臼歯に分化しているのだったな。

関連書評
ウォーキングWITHダイナソーVol.1 BBCワールドワイド
恐竜vsほ乳類〜1億5千万年の戦い 第1回 巨大恐竜繁栄のかげで

決定版!恐竜大図鑑 I [DVD]
決定版!恐竜大図鑑 I [DVD]
カテゴリ:映像資料 | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 13:05 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3125
トラックバック