<< ドキュメント幕末維新戦争 藤井尚夫 | main | イスラエル〜ナショナルジオグラフィック世界の国 エマ・ヤング >>

シリア情勢――終わらない人道危機 青山弘之

 西側に偏っていたシリア情勢の認識を中立に引き戻すていに見える文庫。いままでの報道で植え付けられた印象をひっくり返す情報に、強い抵抗を覚えるのだが、アメリカがどの程度の情報操作をおこなってきたのかは注意する必要がありそうだ。
 民主主義で内部からの様々な意見に対応せざるを得ない欧米諸国よりも、強権的なロシアの方が筋の通った力強い介入を行えていることは皮肉だ。シリアがイラクのように利権の大きい国ではないとはいえ短期間に大規模な支援をしたほうが、長期間に小規模な支援をするよりも効果的で、けっきょくはコストも少なくて済む。しかも、方針が一定しないのだからシリアを混乱させる結果になっている。
  どうにも頼りにならない。
 サウジアラビアやカタール、トルコの干渉についてはお話にならない。

 著者がカッコつきで話す「反体制派」の内実も衝撃的で、イスラム過激派といわいる穏健な反体制派は切り離しが不可能なものだという。それどころかISとイスラム過激派の間も行き来が可能な状態だったらしい。本当に場当たり的な離合集散を繰り返していて、アサド政権は安定しているだけで魅力的になってしまっている。

 まぁ、著者が批判する実務能力のない「ホテル革命家」ばかりになってしまったのはアサド政権が野党の成長を許さなかったせいでもあるはず。自分お権力じゃなくてシリアのためを思うならば、自分たちの代替となる存在を許容するべき だった。シリアがそういう土壌になる日が来るのだろうか。

 最後のまとめでロシアがクルド人を切って、トルコとの結びつきを強めている流れが説明されている。アメリカはまったく頼りにならないからクルド人が生き残るためにはアサド政権に対して自分たちの存在価値をアピールするしかなさそうだ。そのアサド政権もロシアの圧力を前には、クルド人を切り捨てるだろうけど。

著者サイト
シリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢 | アラビア語の新聞、通信社、ウェブサイトなどを通じて収集した情報をもとに、シリア情勢をより網羅的に把握・紹介することをめざします。

シリア情勢――終わらない人道危機 (岩波新書)
シリア情勢――終わらない人道危機 (岩波新書)
カテゴリ:雑学 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:18 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック