<< その時歴史が動いた「上杉鷹山 ふたたびの財政改革」 NHK | main | その時 歴史が動いた「武田信玄 地を拓き水を治める」 >>

図説 神聖ローマ帝国 菊池良生 ふくろうの本

 神聖ローマ帝国をかげながら支えてきたザクセンのヴェッティン家。皇帝の位とはあまり縁の無かった彼らを視点の中心にしてみる神聖ローマ帝国の図説。

 三十年戦争のブライテンフェルトで皇帝軍と戦っていたザクセンが、実は皇帝への反抗自体に乗り気ではなかったことが分かって驚いた。戦況図によるサブミナル効果が効いていた。
 まぁ、戦意低くてあっさり退却したわけだが……。

 神聖ローマ帝国が意外と戦争に強い点も興味深い。要所要所では勝利しているから、際どいところで命脈を保ってこれたとも考えられる。ナポレオンはどうにも災害だけれども。

 ザクセン公モーリッツの強烈なキャラクターが印象に残った。なんとも痛快な行動をする御仁だ。
 あと、冒頭のわかりやすく系譜をまとめた図も良かった。

関連書評
ドイツ王室1000年史 関田淳子

図説 神聖ローマ帝国 (ふくろうの本/世界の歴史)
図説 神聖ローマ帝国 (ふくろうの本/世界の歴史)
カテゴリ:歴史 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 19:08 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3170
トラックバック