<< 歴史秘話ヒストリア〜戦国武将編 上杉謙信 | main | シャクシャインの戦い 平山裕人 >>

歴史秘話ヒストリア〜戦国武将編 織田信長

「女中は見た!!本能寺の変・信長最後の3日間」
 ヒトラーの映画作品にひっかけたようなタイトルで、一般的な信長のイメージに毒された人には意外に感じられる一面を描く。
 家臣には厳しいけれど、女中や一般の障害者などには優しい。そんな信長像が見えてくる。残酷な一面も矛盾なく存在していたはずで――そうでなければロスが大きくて天下人にはなりにくいと思う――信長の哲学が気になってくる。

 別の一面である公家への名物みせびらかし攻撃には茶器の趣味が公家の間にも十分に広がっていたことが感じられる。
 ある意味で武家の価値観に染まってしまっている時点で公家の負けにも思える。財産の誇示はけっこうだが、そのための資金で別のことをしたほうが天下取りには近道だった可能性はないのか。
 そんなことも気になった。自分で価値を吊り上げて、領地などを与える代わりに茶器で済ませた財テクとも聞くから判断が難しい。

 信長の役者は49歳を演じるには若い感じだった。秀吉の役者は末期の猜疑心が強いイヤらしい秀吉らしさを良く出していた。
 シリーズの秀吉の話とちゃんと同じ人が声を当てている。

歴史秘話ヒストリア 戦国武将編 織田信長 女中は見た!! 本能寺の変・信長最後の3日間 [DVD]
歴史秘話ヒストリア 戦国武将編 織田信長 女中は見た!! 本能寺の変・信長最後の3日間 [DVD]
カテゴリ:映像資料 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:50 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3190
トラックバック