<< トコトンやさしい水処理の本 オルガノ(株)開発センター編 | main | 半島有事5〜嵐の挟撃軍団 大石英司 >>

ときめく縄文図鑑 譽田亜紀子・新津健 山と渓谷社

 遠い昔縄文時代につくられ運良く現代に残った出土品たち。とくに縄文式土器と土偶が有名な出土品について、おもしろいもの、かわいいものを中心にそれぞれを写真で紹介している。
 縄文時代について興味を持てるようなコラムも付属している。

 縄文のビーナスあたりの見慣れた土偶もあったけれど、おそらく初めてみるような出土品もあって、なかなか面白かった。
 ケツ状耳飾りからは古代中国文明の影響を想像してみたりもした。でも、縄文前期では流石に時代が早すぎるかな。

 重要な出土品はドキドキ度・衝撃度・かわいい度などの五項目で評価されている。黒駒土偶はかわいいと感じるなど、個人的には感性の合わないと感じるところもあったが一つの評価として楽しめる。
 実物を見た場合の評価と写真だけの評価ではズレが生じるのかもしれない。出土したおおよその時代がわかるようになっている点もよかった。

ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)
ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)
カテゴリ:日本史 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:24 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック