<< 世界のかわいいけもの! 大渕希郷 | main | NHKスペシャルDEEP OCEAN 深海生物の世界 >>

縄文のタイムカプセル〜鳥浜遺跡 田中祐二

 シリーズ「遺跡を学ぶ」113
 ここが元祖「縄文のタイムカプセル」鳥浜遺跡。三方五湖の埋め立てられた六番目の湖「鳥浜湖」と三方湖の接点に位置していた縄文時代早期から前期の貝塚発掘調査結果が物語られる。
 低湿地の貝塚という二重によい条件に恵まれたため、非常に多くの出土品が得られている。その結果、縄文時代がいろいろな物にあふれた「思っていたよりも」豊かな時代であったことが分かったそうだ。
 漆器製品がもたらした色彩的なイメージ転換は大きかったと思われる。

 個人的には道具を作る方の視点で考えてしまい、少数の人でいったい何種類の道具を作っていたのかと気が遠くなってきた。
 それぞれに生活が掛かっているし、石斧の柄にみられたように高い計画性が必要なのだから、本当に大変である。
 そんな中でも櫛やペンダントみたいな装飾品を作ることも忘れなかった縄文人の気持ちを想像してみたい。

 水月湖の年縞についても最後に触れられていて、鳥浜貝塚の研究に欠かせない情報源になると説明があった。出土していた流木の年輪から年代は得られていないのだろうか。

関連書評
時を刻む湖〜7万枚の地層に挑んだ科学者たち 中川毅

新泉社 遺跡を学ぶシリーズ感想記事一覧

縄文のタイムカプセル 鳥浜貝塚 (シリーズ「遺跡を学ぶ」113)
縄文のタイムカプセル 鳥浜貝塚 (シリーズ「遺跡を学ぶ」113)
カテゴリ:日本史 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 19:53 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3255
トラックバック