<< 見て楽しい宝石の本 松本浩 | main | 近世商人と市場 原直史 日本史リブレット88 >>

蛍の本 田中達也 日本写真企画

 ゲンジボタルニヘイケボタル、そしてヒメホタル。主に三種類のホタルを中心に、ホタルの生態と写真の撮影方法をおさえた本。
 一般の大人向け書籍が空きニッチであったらしく、学習に苦労した著者の思いが込められている。ホタル観察ではポイントとなる乱舞の時間帯や回数について、自らの経験にあわせた定説とは違う情報を影響してくれている。
 風の強い日や雨の日でも、飛ばないと思いこまずに観察に行けば発見があるかもしれないとのこと。他の撮影者や観察者がいない点ではチャンスにもなるはず。
 AFの赤い光でトラブルになるとか、撮影者同士の怖い逸話がちらっとある。

 撮影方法のヒントはかなり詳しくて、説明は画像処理にも及んでいる。
 比較明合成の技術によって新しい可能性が開けている反面、実際に肉眼で見るのとは異なる写真も撮れてしまうので、観光案内用の写真で盛られないように注意が必要だ。
 ここまでやってしまうと天体写真に近いのだが、天体写真で慣れているので、自分にはそこまでの抵抗はないとも言えた。

関連書評
星降る絶景〜一度は見てみたい至極の星景色 沼澤茂美

蛍の本
蛍の本
カテゴリ:写真・イラスト集 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 17:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック