<< ジャガイモの世界史〜歴史を動かした「貧者のパン」 伊藤章治 | main | 仕事、人生がはかどる!ふせんの技100 舘神龍彦 >>

恐竜の大陸〜アジア ディスカバリーチャンネル

 放送時のタイトルは「恐竜の時代:中国での発見」とのことで、中国とモンゴルにおける恐竜研究を伝えている映像作品だった。近年になって話題沸騰しているミャンマーにおける琥珀からの恐竜化石発見は取り上げられていない。
 意外と活躍している日本の恐竜化石にも出番はないが、日中合同調査隊がアーケオラケトプスの発見に協力している。

 出てくる恐竜の種類がとても多くて、有名なティラノサウルスやトリケラトプスにつながる恐竜もいる。タルボサウルスがティラノサウルス直系の先祖あつかいされていることには、いささか不安を覚えた。
 いくつもの説が覆されてきた分野だから慎重になってしまう。

 太古のポンペイと呼ばれる北票(ペイビャオ)の化石は笑ってしまうほど保存状態がよくて、今は保護区にされて発掘が行われているとの説明には胸をなで下ろした。
 別の場所だがテリジノサウルス類のアラシャサウルスは太古のカモノハシみたいな恐竜だ。ティラノサウルスと同じくラプトル類から進化したとのことで、本当に大きな成功をおさめたグループであったことが分かる。

 調査隊のフィリップ・カリー氏が二度もCGの恐竜(ヴェロキラプトル)に襲われていたのだが、撮影班は何か恨みでもあるのか?

関連書評
世界恐竜発見地図 ヒサクニヒコ
ダイナソー・プラネット 絶滅した狩人ダスプレトサウルス

ディスカバリーチャンネル 恐竜の大陸 アジア [DVD]
ディスカバリーチャンネル 恐竜の大陸 アジア [DVD]
カテゴリ:映像資料 | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:44 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック