<< 海水を抜いてみた!〜世にも不思議な海底地形 ナショナルジオグラフィック | main | トナカイの大移動 ディスカバリーチャンネル >>

生痕化石からわかる古生物のリアルな生きざま 泉賢太郎

 生痕化石の中でも古生物の排泄物をメインに研究している著者による生痕化石研究の紹介本。得意分野に突入してからのウンチ連呼がすさまじく、100回以上はウンチ発言があったと思われる。
 ウンチパワーに圧倒されざるを得ない……生痕化石の場合は臭ったりしないので、ウンチ研究に向いている。でも、現生生物との比較研究をするためには結局生のウンチと対峙しなければならないシーンが出てくるはず。ベントスのウンチなら大したことはないだろうけど、恐竜のウンチ化石を相手にしている人は大変なのではなかろうか。肉食のウンチは臭いと言うし。

 読む前はケーススタディ的な「この生痕化石ならこういう生態」という説明がたくさん載っている本を想像していた。それとは多少方向性が違っていて、研究分野としての生痕化石を紹介する割合が多めだった。
 もちろん生痕化石があらわす生態の話題もあるのだけど、生痕化石を残した生物が正体不明な場合がまだまだ多いことが言い切ることをなかなか許さない感じだった。
 軟体部しかない動物が残した場合は特に証明が難しそうだ。逆に言えば生痕化石を通してしか観察できない古生物もいるというわけで――本書の中でもそう説明されていたが――おもしろい研究分野である。

 著者が1987年生まれと若いことにも驚いた。これから先の研究成果が楽しみな人である。

関連書評
絵でわかる古生物学 北村雄一・著 棚部一成・監修
生きもの上陸大作戦〜絶滅と進化の5億年 中村桂子・板橋涼子
山梨の奇岩と奇石〜石のロマンを追って 石田高・著 石田啓・写真

生痕化石からわかる古生物のリアルな生きざま
生痕化石からわかる古生物のリアルな生きざま
カテゴリ:地学 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 11:56 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック