<< 戦国時代、村と町のかたち 仁木宏 日本史リブレット26 | main | 原発と活断層〜「想定外」は許されない 鈴木康弘 >>

日本の地下で何が起きているのか 鎌田浩毅

 岩波科学ライブラリー266
 火山学者の著者による防災啓蒙書。大災害時に生き延びるための心構えや基礎的な地震や火山の知識が説明されている。

 しかし、活断層と地震断層の用語説明が正反対になっていた。著者の説明では地表地震断層って言葉が意味不明になりかねない。マグニチュードも1あがると約32倍で、2あがると正確に1000倍なのに、「約」をつけるほうが逆になっている。
 どうしてこんな間違いを?

 東日本大震災から日本中の活断層や火山がうごめき出しており、日本列島は活動期に入ったと言われる。いつ収まるのか生きているうちには期待できないくらいかもしれないが、活動期でなくても南海トラフ地震などは定期的に襲ってくるので(活動期だぞ)という心構えを持っていた方が防災にはいいかもしれない。
 それにしても連動地震による被災者6000万人の予測はすさまじい。まさに国家存亡の危機になるし、各地の原発がコントロールできるのか非常に心配にもなってくる。
 発電所については破局噴火の方がもっと怖い。いざというとき東日本に逃げるためのイメージトレーニングを勧めていたが、うまく行くとしたら海路かな……趣味でヨットを持っていると命が助かるかもしれない。
 住所の選択もしかり、資産のあるほうが命を守りやすい現実も意識せざるを得なかった。それでも自分ができる範囲で準備している人は、大金持ちでもなんの準備もしていない人より生き延びやすいはず。

関連書評
南海トラフ地震・大規模災害に備える 田結庄良昭
中世の巨大地震 矢田俊文 吉川弘文館
スロー地震とは何か 巨大地震予知の可能性を探る 川崎一朗

日本の地下で何が起きているのか (岩波科学ライブラリー)
日本の地下で何が起きているのか (岩波科学ライブラリー)
カテゴリ:ハウツー | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 19:12 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック