<< 原発と活断層〜「想定外」は許されない 鈴木康弘 | main | けったいな生きもの ぴかぴか 深海生物 エリック・ホイト >>

宇宙に挑む1〜彗星を追いかけろ ナショナルジオグラフィック

 人類が宇宙にいかなくてはいけないわけではないが、生き残りたければ彗星対策だけは万全にしておかなければならない。
 生命の安全というわかりやすい方向から宇宙開発の必要性を訴えることができている。確率論的にいえばいつかは必ず彗星や小惑星が衝突すると言っても間違いではない。
 ただし、一個人の時間感覚では運に頼ってもいい気持ちになってしまいかねない。それよりも交通事故を心配しろと――言えないのは人類の存続自体に関わりかねない問題だからだ。
 核兵器がなんだかんだで拡散してしまっている現状では、自然災害を勘違いした国による暴発からの全面核戦争も怖くなってきた。小惑星対策で全世界が協力して核兵器の廃絶にむかえればいいんだけどなぁ。
 すべては余裕を持って発見する「目」に懸かっている。

 小惑星対策の一里塚となったディープインパクト計画の責任者マイケル・アハーン氏の名字が忘れられない。そしてウィキペディアで検索したら亡くなっていた。
 アハーン氏はなくなっても、小惑星対策は生き続け、それが人類を生かし続けることを願う。

関連書評
宇宙 未知への大紀行1 天に満ちる生命

[ナショナル ジオグラフィックDVD BOX] 宇宙に挑む(DVD3巻セット)
[ナショナル ジオグラフィックDVD BOX] 宇宙に挑む(DVD3巻セット)
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:07 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック