<< 宇宙の「一番星」を探して 谷口義明 | main | 焚き火の達人〜火おこしの超基本から応用テクニックまで 伊澤直人・監修 >>

地図で見るラテンアメリカハンドブック 原書房

 オリヴィエ・ダベーヌ/フレデリック・ルオー。太田佐絵子 訳。オレリー・ボワシエール 地図製作。

 名物大統領がいた影響でウルグアイが気になって気になって気になって……ブラジルとは別方向に南米の優等生でほっこりした。海のないボリビアもしんどいけれど、ハイチの状態があらゆる点から危うい。特に投票率の圧倒的低さで政治への絶望ぶりが伝わってくるところが悲しかった。
 いちばん早くに独立したハイチがここまでつらいとはなぁ……。また、中米も苦しい状態に陥っている国家が多い。

 メキシコやコロンビアが麻薬の問題にさいなまれているものの、国家間の戦争は非常に少ない地域であって、中東との大きな違いが印象的だった。
 言語的にも宗教的にも一致点が大きいので、話し合えばわかると信じられるのかもしれない。
 1995年にあったというエクアドルとペルーの戦争が気になった。

 ブラジルとキューバが注目の国らしく最後に専用のページが割かれていた。キューバは経済的にかなり厳しい状況だったようだ。ベネズエラのチャペス政権がなければ、どうなっていたことか……。
 アメリカの政策が北風と太陽みたいに大統領が代わる代わるキューバに対して軟化したり硬化したりしている様子がおもしろかった。翻弄される方には笑い事じゃないけど。

 全体的には何となく楽観的になれる情報が多くて、ラテンアメリカの未来に期待を抱くことができた。ただし、日本との貿易は減少し、中国との貿易は急増している事情は背景にある……人口差からしかたのない部分はある。

 各ページに必ず出てくる誰かの名言も読む楽しみだった。

関連書評
大陸別世界歴史地図4〜南アメリカ大陸歴史地図
ブラジル〜ナショナルジオグラフィック世界の国
ナショナルジオグラフィック世界の国 ペルー アニタ・クロイ

地図で見るラテンアメリカハンドブック
地図で見るラテンアメリカハンドブック
カテゴリ:雑学 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 18:20 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック